【金の鎖も引けば切れる】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
金の鎖も引けば切れる

【読み方】
かねのくさりもひけばきれる

【意味】
意志の強い人でも誘惑に負けることがあるというたとえ。また、努力すればできないことはないというたとえ。


「金の鎖も引けば切れる」の使い方

健太
どうすれば校長先生は運動場使用の許可を出してくれるのかな。
ともこ
金の鎖も引けば切れるというじゃないの。あきらめずに頼み続けるのよ。
健太
しつこいと思われないかな?
ともこ
しつこいと思われないように、でも粘り強く頼み続けるのよ。そうしたら、校長先生も健太くんの熱意に打たれると思うわ。

「金の鎖も引けば切れる」の例文

  1. 金の鎖も引けば切れるというように、勉強すればいつかは100点を取ることができる。
  2. あきらめないでがんばり続ければ、金の鎖も引けば切れるように、いずれ夢はかなう。
  3. 目標に向かって努力し続ければ、金の鎖も引けば切れる、目標に手が届く日が来ます。
  4. 無理だと決めつけないで努力することで、金の鎖も引けば切れる、願いをかなえることができます。
  5. くじけそうになった時も、我慢してがんばることで、金の鎖も引けば切れる、輝かしい未来がやってきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事