【管鮑の交わり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
管鮑の交わり

【読み方】
かんぽうのまじわり

【意味】
お互いのことを理解して、信頼しあうこと。
利害のあるなしに関わらず、親密な交際のたとえ。

【語源・由来】
「晋書(しんじょ)」王敦(おうとん)
管鮑(かんぽう)は、中国春秋時代の斉(せい)の、管仲(かんちゅう)と鮑叔(ほうしゅく)のこと。
若い時から二人はとても仲が良く、管仲が貧しかったときには鮑叔は援助を惜しまなかった。
そればかりではなく、管仲を斉の宰相に推薦した。
管仲は「我を生みし者は父母、我を知る者は鮑叔なり」と、鮑叔を称賛した。
二人の親交は、終生変わることなく続けられたと故事にあることに基づく。

【類義語】
・金蘭の契り(きんらんのちぎり)
・断金の交わり(だんきんのまじわり)
・刎頸の交わり(ふんけいのまじわり)
・金石の交わり(きんせきのまじわり)
・水魚の交わり(すいぎょのまじわり)

【対義語】

【英語訳】
A Damon and Pythias friendship
It is a true friend beyond an interest and the calculation.

「管鮑の交わり」の使い方

健太
ぼくたちは、今までとても仲良くしてきたね。
ともこ
そうね。
健太
これからも仲良くしていきたいね。
ともこ
管鮑の交わりを続けていきましょうね。

「管鮑の交わり」の例文

  1. あの二人はずっと管鮑の交わりを続けてきたんだね。
  2. 彼とは長い間親しくしてきたけれど、これからも管鮑の交わりという関係を続けていきたい。
  3. 管鮑の交わりを結ぶ。
肉親の間の絆が深いという意味で使うのは誤りなので注意が必要。
「お隣の兄弟はとても仲がいいね。管鮑の交わりだね。」と使うのは誤り。

まとめ

お互いを理解して信じあえるということは、とても素晴らしい関係ではないでしょうか。
管鮑の交わりを結ぶことのできる相手に、巡り合いたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事