【兄たり難く弟たり難し】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
兄たり難く弟たり難し

【読み方】
けいたりがたくていたりがたし

【意味】
両者ともとても優れているので、優劣をつけにくいというたとえ。

【語源・由来】
「世説新語(せせつしんご)」徳行(とくこう)に、太丘の言葉として、
「元方(げんほう)は兄為(た)り難く、季方(きほう)は弟為り難し」とあるのに基づく。
両者の実力が伯仲(はくちゅう)しているので、元方を優るとも、季方を劣るとすることもむずかしい。

太丘とは、元方と季方の父で、後漢の霊帝に仕えて争訟を巧みに裁いたといわれている。

【類義語】
・双璧(そうへき)
・伯仲の間(はくちゅうのかん)
・いずれ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)

【対義語】

【英語訳】
The superiority and inferiority is not acquired which is superior.

「たり」とは、「とあり」が転じたもの。
一致している、資格があるという意味を表す。

「兄たり難く弟たり難し」の使い方

健太
ずっと作っていたプラモデルが、昨日やっと完成したんだ。
ともこ
そうなの?健太くんのお兄さんも、プラモデル作りがとても上手よね。
健太
うん。どっちが上手いか、お父さんに審査してもらったら、引き分けになったよ。
ともこ
兄たり難く弟たり難しということね。

「兄たり難く弟たり難し」の例文

  1. 今回の選考で最後まで残った二つの作品は、どちらも素晴らしく兄たり難く弟たり難しだった。
  2. あの二人は仲が良いだけじゃなくて、とても優秀なんだ。兄たり難く弟たり難しということだ。
  3. 父はいつも、兄たり難く弟たり難しといって、兄とぼくのどちらも優秀だと褒めてくれた。
「兄たり難く弟たり難し」の、「たり」を「足り」と書くのは誤り。

まとめ

兄たり難く弟たり難しというように、優劣をつけがたいほどに、両方とも優れているということは、素晴らしいことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事