【レールを敷く】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
レールを敷く

【読み方】
れーるをしく

【意味】
物事が順調に進むように、前もって準備をしておく。


「レールを敷く」の使い方

ともこ
健太くんが事前にレールを敷いてくれたおかげで、隣の学校との交渉が上手くいったわ。
健太
それはよかったよ。これで、初めての試みである、隣の学校との合同文化祭はうまくいきそうだね。
ともこ
そうね。健太くんのおかげで、スムーズに話が付いたわ。ところで、なんで隣の学校の生徒会長と顔見知りだったの?
健太
彼は、僕の空手道の後輩なんだよ。だから、先輩である僕のお願いは聞いてくれるんだ。持つべきものは優秀な後輩だよねえ。

「レールを敷く」の例文

  1. 前任者がレールを敷いておいてくれたおかげで引継ぎが上手くいき、仕事が楽にできたのだった。
  2. 彼は、社長との交渉に入る前に、幹部と会談を重ね、レールを敷いたのだった。
  3. 子供が将来的に医者になる道を選ぶように、それとなくレールを敷いたのだった。
  4. 私たちがレールを敷いた後で、彼に首相の座についていただこうと思っている。
  5. この漫画は二人の共著なのだが、原作者がレールを敷き、私がそのレールに乗って絵を描いているような感じだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事