【千慮の一失】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
千慮の一失

【読み方】
せんりょのいっしつ

【意味】
どんなに賢くて思慮深い人でも、ときにはひとつくらい間違いがあるということ。
また、十分に注意したにも関わらず、思いもよらない間違いをしてしまうこと。

【語源・由来】
「史記(しき)淮陰侯(わいいんこう)列伝」に基づく。

「智者も千慮に必ず一失有り、愚者も千慮に必ず一徳有り。」
知恵があるものにも、ひとつの考え損ないはあり、愚か者でも千にひとつはうまい考えがでる。

【類義語】
・河童の川流れ(かっぱのかわながれ)
・孔子の倒れ(くじのたおれ)
・弘法も筆の誤り(こうぼうもふでのあやまり)
・猿も木から落ちる(さるもきからおちる)
・上手の手から水が漏る(じょうずのてからみずがもる)
・竜馬の躓き(りゅうめのつまずき)
・釈迦も経の読み違い(しゃかもきょうのよみちがい)
・天狗の飛び損ない(てんぐのとびそこない)

【対義語】
・愚者も一得(ぐしゃもいっとく)

【英語訳】
There is none so wise but he is foolish sometimes.
Even Homer sometimes nods. It is unexpected failure.

「千慮」を「浅慮」と書くのは誤りなので注意が必要。

「千慮の一失」の使い方

健太
ともこちゃんが、あんなに簡単な問題を間違えるなんて驚いたよ。
ともこ
いつも解けているのに、間違えてしまったわ。
健太
千慮の一失ということだね。
ともこ
これからはもっと気をつけるわ。

「千慮の一失」の例文

  1. 彼女があんなミスをするなんて、まさに千慮の一失だね。
  2. 彼のことは優秀だとみんなが認めているけれど、彼でも間違えることはある。千慮の一失ということだろう。
  3. 千慮の一失と言われても、ミスはないように努めたいと思っている。

まとめ

千慮の一失というように、どれほど賢い人でも間違えることがあるのではないでしょうか。
しかし、よく確認をしたり、よく考えたりすることで、できるだけ間違えないようにしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事