【千里の道も一歩から】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
千里の道も一歩から

【読み方】
せんりのみちもいっぽから

【意味】
どんなに大きな事業でも、まずは手近なことの実行から始まるということ。
何事も一歩一歩着実に進めることが大切だということ。

【語源・由来】
「老子(ろうし)六四章」より

「合抱(ごうほう)の木も、毫松(ごうまつ)より生じ、九層の台も累土(るいど)より起こり、千里の行も足下より始まる」
一抱えもある大木も、毛先ほどの小さな芽から成長し、九層もの高台ももっこ一杯の土を積み重ねることから着手し、千里の道のりも足もとの一歩から始まる。
と、あることに基づく。

【類義語】
千里の行も一歩より始まる(せんりのこうもいっぽよりはじまる)

【英語訳】
・You have to learn to walk before you run.(走る前に歩くことを学ぶべきである)
・Even the longest journey begins with a single step.(長い旅も一歩から始まる)
・He who would climb the ladder must begin at the bottom.(梯子登りは最下段から始まる)
・Little by little one goes far.(少しずつ歩いて、人は遠くまで行く)
・Rome was not built in a day.(ローマは一日で作られたのではない)
・A journey of a thousand miles begins with a single step.(千マイルの旅もたった一歩から始まる)

「千里の道も一歩より始まる」「千里の道も一歩より起こる」「千里の行も足下に始まる」ともいう。
【スポンサーリンク】

「千里の道も一歩から」の使い方

健太
ともこちゃん、こんな朝早くになにをしているの?
ともこ
最近ウオーキングを始めたの。いつかフルマラソンを完走したいわ。
健太
ランニングの練習はしないの?
ともこ
千里の道も一歩からよ。まずはウオーキングをして体力をつけるわ。

「千里の道も一歩から」の例文

  1. 君は大きな仕事をしたいとばかり言っているけれど、まずはできることから始めなさい。千里の道も一歩からだ。
  2. 千里の道も一歩からというけれど、単語をひとつひとつ確実に覚えることで、英語の成績が驚くほど上がったよ。
  3. すぐに結果を残したいなんて思っていないで、千里の道も一歩からというように、ひとつひとつの作業を確実に進めてみなさい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本

合わせて読みたい記事