【角を矯めて牛を殺す】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
角を矯めて牛を殺す

「角を直して牛を殺す」ともいう。

【読み方】
つのをためてうしをころす

【意味】
小さな欠点を無理に直そうとして、かえって全体をだめにすることのたとえ

「矯める(ためる)」は、曲げたり伸ばしたりして形を直すこと。

【語源・由来】
曲がった牛の角をまっすぐにするために叩いたり引っぱったりすると、牛は弱って死んでしまうことから、わずかな欠点を直そうとして、かえって全体をだめにしてしまうことをいう。

【類義語】
・技を矯めて花を散らす(えだをためてはなをちらす)
・葉をかいて根を絶つ(はをかいてねをたつ)
・下手な治療は病気より悪い(へたなちりょうはびょうきよりこわい)

【英語訳】
The remedy may be worse than the disease.(治療が病気より悪いこともある)

【スポンサーリンク】

「角を矯めて牛を殺す」の使い方

健太
また算数の成績が悪かった。僕はだめな人間だ。
ともこ
しかたないじゃない、勉強してないんだから。
健太
算数だけは勉強しようとしても、すぐにあきらめちゃうんだ。
ともこ
角を矯めて牛を殺すじゃだめよ。健太君にはいいとこたくさんあるから。

「角を矯めて牛を殺す」の例文

  1. 自分の悪いところだけを見て、それを直すことにストレスを感じていると、角を矯めて牛を殺すことと同じになってしまします。うぬぼれるのはよくないけれど、自分の良い点を伸ばすことが大切です。
  2. 業績が悪いのは海外投資が足を引っ張ったことなのは明白です。だからといってグローバル化への挑戦をやめてしまうのは、角を矯めて牛を殺すことになります。
  3. 不得意な科目にとらわれていると、角を矯めて牛を殺して全体の成績が伸びません。そこは忘れて得意な科目に集中して、それを補(おぎな)うようにしていれば結果的には成績が伸びていきます。
  4. 子供をしかるばかりでは、角を矯めて牛を殺すことになってしまいます。うまくおだてることによって、その子の意外な能力を引き出すことができます。

まとめ

子供のころ、無理やり左利きを直されたことがある人がいました。結果的には、字を書けば汚いので書道をやめて、得意だった絵も描かなくなったそうです。左利きのままでいればどんな牛になったのでしょうか。有名な小説家、世界的な画家になっていたかもしれません。なれなくても書道や絵画を趣味として楽しめた可能性はありますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事