【山の芋鰻になる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
山の芋鰻になる

【読み方】
やまのいもうなぎになる

【意味】
世の中には山の芋が鰻になるような突拍子もない、思いがけないことが時として起こるというたとえ。

【語源・由来】
山の芋は鰻のように細くて黒っぽいが、山の芋が鰻になるというようなあり得ないことが起こるという意味から。

【類義語】
・山の芋が鰻になる
・山の芋鰻に化ける
・蕪は鶉となり、山の芋鰻になる
・蕪化して鶉となる
・雀海中に入って蛤となる
・鷹化して鳩となる
・田鼠化して鶉となる
・腐草化して蛍となる

【対義語】
・山の芋鰻とならず

【英語訳】

「山の芋鰻になる」の使い方

ともこ
健太くんが・・・、あのおねしょをして泣いていた健太くんが・・・、あの万年0点の健太くんが・・・、空手の大会で優勝するなんて山の芋鰻になるだわ。
健太
そんな、ともこちゃん・・・。ちょっと失礼だよ。あんなに頑張って優勝したのに、それじゃあ、うれしくないよ。
ともこ
健太くんは、小さいころから見ていて、家族みたいなものだから喜ばしいのよ。
健太
ええー。それならもっと褒めて喜んでよ。

「山の芋鰻になる」の例文

  1. 山の芋鰻になるという言葉のように、あの同期で一番冴えない男が社長令嬢と結婚して、次期社長候補に躍り出るなんて。
  2. 事実は小説より奇なりっていうから山の芋鰻になるってことも事実としてあるかもしれないよ。
  3. あの太って、勉強もできない、目立たなかった子が、今では5つの店舗を経営するカリスマ美容師になるなんて山の芋鰻になるってこのことだなと驚いた。
  4. あの高いところが苦手で、小さく細かった少年が、消防隊員になって、今、目の前で高層階の人を救助しているだなんて、山の芋鰻になるという言葉のように私には突拍子もないことだ。
  5. 自信なさげに、お父さんの後ろに隠れてばかりいた君が、弱者を助け、国民から慕われる総理大臣になるなんて山の芋鰻になるって言葉通りだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事