【上手の手から水が漏れる】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
上手の手から水が漏れる

【読み方】
じょうずのてからみずがもれる

【意味】
どんな名人と言われる人であっても、時には失敗するというたとえ。
その道のじょうずと言われる人が、たまたま失敗したときにつかう。

【語源・由来】
「上手」とは、そのことに巧みな人という意味に由来。
江戸時代に、囲碁・将棋で七段の免状を持つ者を「上手」と称した。

【類義語】
・河童の川流れ(かっぱのかわながれ)
・弘法にも筆の誤り(こうぼうにもふでのあやまり)
・猿も木から落ちる
・千慮の一失(せんりょのいっしつ)
・釈迦も経の読み違い(しゃかもきょうのよみちがい)
・天狗の飛び損ない(てんぐのとびそこない)
・竜馬の躓き(りゅうめのつまずき)

【英語訳】
Even a good marksman may miss.

「巧者の手から水が漏れる」ともいう。

「上手の手から水が漏れる」の使い方

ともこ
どうしよう。
健太
ともこちゃん、先生に呼ばれていたみたいだけど、どうしたの?
ともこ
テストの点数が悪くて、再試験をすることになったの。
健太
ともこちゃんが再試験だなんて、上手の手から水が漏れることもあるんだね。

「上手の手から水が漏れる」の例文

  1. 彼が鉄棒から落ちるなんて、上手の手から水が漏れるだね。
  2. 上手の手から水が漏れるというけれど、絶好の球を続けて見逃すとは思わなかったよ。
  3. 名キーパーだと有名な彼が、今日の試合ではゴールされてばかりだ。ゆっくり転がるボールを取り損ねるなんて上手の手から水が漏れるだ。
  4. 上手の手から水が漏れるというから、油断してはいけないよ。
  5. 彼女が料理の味付けを失敗するなんて、上手の手から水が漏れることもあるんだね。
「上手の腕から水が漏れる」は誤り。

まとめ

どれほど名人だと言われても、ふと気を抜いた瞬間に失敗してしまうことはあるのではないでしょうか。
些細なミスをしないように気を付けたいですね。
また、失敗した際には上手の手から水が漏れるだと言われるほどの名人になりたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事