【万事休す】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
万事休す

【読み方】
ばんじきゅうす

【意味】
すべてはもう終わりだということ。さらに、手の施しようがないという意味。「万事」はあらゆること、「休す」は終わるという意味。

【語源・由来】
「宋史」の「荊南高氏世家」にある故事。荊南を継いだ王子の保勛は甘やかされて育ったので、怒られても、にらんでも、にこりと笑う保勛に、荊南の人々が「万事休すだ」と言ったことから。王が保勛を溺愛し、それを見た人々が「万事休すだ」と嘆いたという説もある。その後、保勛が四代目当主になってから政治は乱れ、人々の予想通りに、国は滅びた。

【類義語】
・刀折れ矢尽きる
・事ここに至る
・万策尽きる
・弓折れ矢尽きる

【対義語】

【英語訳】
To be at (or come to) the end of one’s rope.
There is nothing more that can be done.

「万事休す」の使い方

健太
ともこちゃん。万事休すだよ。どうすればいいんだ。
ともこ
健太くん、どうしたの?
健太
僕が、前に言っていた可愛い後輩に書いたラブレターを落としちゃったよ・・・。
ともこ
ああ。それは大変。明日には校内掲示板に貼られているかもしれないわね。って言っている間にも探さないと!

「万事休す」の例文

  1. この状況を社長に報告しようにも、監視を四人もつけられてしまい、もはやどうすることもできなくて、万事休すかに見えたところに彼がやってきた。
  2. まさに進退窮まるとは、このことで、 追手がこの部屋にふたりのいることを知っているとすれば、万事休すだ。
  3. あの男の武器が、手に握られている刀一本であることを祈ったが、 もし新たな武器が、懐から出てきたら、万事休すだ。
  4. 大雪でバスも電車も運休してしまったので、タクシーがつかまらないと、万事休す、会議に間に合わない。
  5. 犯人が犯行を行う前に、僕が部屋の扉を開けてしまったので、犯行現場にいる姿を目撃されて、犯人にしてみれば万事休すと思っただろうし、ひょっとすると、僕は口封じに殺されるかもしれないから、僕も万事休すなのか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事