【棒ほど願って針ほど叶う】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
棒ほど願って針ほど叶う

【読み方】
ぼうほどねがってはりほどかなう

【意味】
望みは大きくても、実際には少ししか叶わないということのたとえ。
世の中は思い通りにはいかないということ。

【語源・由来】
棒ほどに大きく願ったとしても、実際に叶うのは針ほどの小さい願いしか叶わないということ。
「棒」は、大きなもののたとえで、「針」は小さなもののたとえ。

【類義語】
・富士の山ほど願って蟻塚ほど叶う(ふじのやまほどねがってありづかほどかなう)

【対義語】

【英語訳】
A man must ask excessively to get a little.
Ask much to have a little.
Realizing is small even if it has a great hope.

「針小棒大(しんしょうぼうだい)」とは、ちょっとしたことを大げさに言い立てること。
似ているが、意味が違うので間違えないように注意が必要。

「棒ほど願って針ほど叶う」の使い方

健太
ぼくは将来社長になって、大金持ちになって、プールのある大きな家に住むことが夢なんだ。
ともこ
それは大きな夢を持っているのね。
健太
ほかにも、海外旅行をしてみたいし、宇宙旅行もできるようになっているかな。
ともこ
夢を持つことはいいことだと思うけれど、棒ほど願って針ほど叶うというからね。

「棒ほど願って針ほど叶う」の例文

  1. 本当はもっと大きな家を建てたかったけれど、棒ほど願って針ほど叶うというから、このくらいの家で満足しておこうと思う。
  2. 棒ほど願って針ほど叶うということはわかっているけれど、どうしても叶って欲しい願いだった。
  3. 利益をたくさん上げたいけれど、棒ほど願って針ほど叶うというから、今はこれで十分だ。

まとめ

大きな望みを抱いているのではないでしょうか。
しかし、棒ほど願って針ほど叶うというように、現実とはなかなかむずかしいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事