【怒髪天を衝く】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
怒髪天を衝く

【読み方】
どはつてんをつく

【意味】
怒ったために頭髪が逆立って、かぶった冠を突き上げるという意味で、尋常ではない、すさまじい怒りの形相のこと。

【語源・由来】
漢(かん)の国の王の劉邦(りゅうほう)と天下を争った楚(そ)の国の王の項羽(こうう)は、会見の時に項羽(こうう)の軍師の范増(はんぞう)の指示に従って、剣の舞(けんのまい)にかこつけて劉邦(りゅうほう)を殺そうとした。それを知った劉邦(りゅうほう)の家臣の樊かい(はんかい)が髪をさか立てて、怒り(いかり)の顔つきで目をらんらんとかがやかせ、項羽(こうう)をにらみつけていたので、劉邦(りゅうほう)は殺されずに助かったということから、この語ができた。

【類義語】
・怒髪冠を衝く

【スポンサーリンク】

「怒髪天を衝く」の使い方

健太
昨日、授業中に学校から抜け出そうとしていたら、担任の先生に見つかって、怒髪天を衝く勢いで先生が校舎内から走ってきたんだ。
ともこ
そりゃあ、追いかけるわよね。それで捕まったの?
健太
あんな形相で追いかけられたら、怖すぎてたまったもんじゃないから逃げたよー。でも翌日、怒髪天を衝かんばかりにこってり怒られたけどね。
ともこ
こんな生徒を持った先生がかわいそうだわ。

「怒髪天を衝く」の例文

  1. 健太くんのテストの結果を見たお母さんは、怒髪天を衝く形相になった。
  2. 健太くんの蹴ったボールがお母さんの花壇を滅茶苦茶にしてしまったので、お母さんは怒髪天を衝いた
  3. 健太くんの手紙に怒髪天を衝いた私は、すぐに健太くんに電話を掛けて抗議した。
  4. 飼い犬のジョンは、私が怒髪天を衝いても、それでも僕が好きでしょ?と言う顔をするから憎らしい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事