【とんぼが低く飛ぶと雨】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
とんぼが低く飛ぶと雨

【読み方】
とんぼがひくくとぶとあめ

【意味】
とんぼが低く飛ぶと雨になる。

【語源・由来】
空気中の水分が多くなると、蚊などの羽が水気をおびて下の方を飛ぶようになるため、蚊をえさにするとんぼが低く飛ぶようになる。

【類義語】
・ツバメが低く飛ぶと雨

【スポンサーリンク】

「とんぼが低く飛ぶと雨」の使い方

健太
とんぼが手でつかめそうなくらい低く飛んでいるね。
ともこ
とんぼが低く飛ぶと雨というわよね。
健太
この後は雨なのか。明日は晴れてほしかったのにな。
ともこ
初デートだもんね。雨なら水族館デートでもいいじゃないの。

「とんぼが低く飛ぶと雨」の例文

  1. とんぼが低く飛ぶと雨というから、天候が崩れることが予想される。
  2. とんぼが低く飛ぶと雨という、傘は必須だな。
  3. とんぼが低く飛ぶと雨というが、朝のニュースでは晴れると言っていた。天気予報が外れそうだ。
  4. とんぼが低く飛ぶと雨といわれるが、今、雨があたった。
  5. とんぼが低く飛ぶと雨というから、この後雨が降っても驚かない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪