【益者三友、損者三友】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
益者三友、損者三友

【読み方】
えきしゃさんゆう、そんしゃさんゆう

【意味】
交際して自分の為になる友人には三種類あり、交際して自分が損をする友人も三種類あって。前者は正直な友、誠実な友、博識(はくしき)な友。後者は不正直な友、不誠実な友、口先のうまい友です。

【語源・由来】
出典は「論語(ろんご)」です。

孔子曰(いわ)く「直(ただし)きを友とし、諒(まこと)を友とし、多聞(たもん)を友とするは、益なり。便辟(べんぺき)を友とし、善柔(ぜんじゅう)を友とし、便佞(べんねい)を友とするは、損なり」(素直で正直である人、誠実な人、見聞が広い人を友とするのは有益です。人に媚(こ)びへつらう人、人あたりは良いが誠実でない人、口先ばかりの人を友とするのは有害です。)

【類義語】

【対義語】

【英語訳】

「益者三友、損者三友」の使い方

ともこ
益者三友、損者三友
健太
ともちゃん。お経読んでるの。
ともこ
違います。お友達のことを考えてるの。健太君は損者三友かもね。
健太
「えきしゃさん」より「そんしゃさん」の方が上なんだ。

「益者三友、損者三友」の例文

  1. ただ漫然(まんぜん)友達を選ぶのではなく、益者三友、損者三友を基準として考えてみるのもひとつの方法です。
  2. 益者三友、損者三友とはいいますが、人間とは複雑な生き物です。その人の本質を見抜くのはそう簡単なことじゃありません。
  3. 一般的にいえば、益者三友、損者三友ということは全くその通りだと思います。ただし、人には育った環境や受けた経験などこれまでの人生がありますので、ある程度時間をかけて評価することが必要でしょう。
  4. 友達について益者三友、損者三友というが、会社も全く同じだな。

まとめ

子供の頃に友達を選ぶとは、好き嫌いや家の近さだったりしました。社会人になると私的な友達は別として、会社や仕事関係で友達になる・ならざるをえないことがあって、まさに益者三友、損者三友ということが出てきます。孔子さんは損者としていますが、だから付き合うなとは書いていません。損を承知でお付き合いすることも勉強になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事