【既往は咎めず】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
既往は咎めず

【読み方】
きおうはとがめず

【意味】
過ぎ去ってしまったことや、済んでしまったことをあれこれ咎めても仕方がないということ。
これから先のことを大切にしようというたとえ。

【語源・由来】
「論語(ろんご)」八佾(はちいつ)より出典。
「成事は説かず、遂事は諌めず、既往は咎めず」
できてしまったことをあれこれ言うことはできないし、してしまったことは諌めようがない、過ぎ去ったことは咎めてもどうしようもない
と、あることに基づく。

「既往」とは、過ぎ去ったことという意味。

【英語訳】
Let bygones be bygones.

【スポンサーリンク】

「既往は咎めず」の使い方

健太
ぼくはどうしてあんな失敗をしてしまったんだろう。
ともこ
健太くん、そんなに落ち込まないで。
健太
だけど、あの時に失敗しなかったら、こんなに大変なことにはなっていないだろう。
ともこ
過ぎてしまったことは仕方ないわ。既往は咎めずよ。

「既往は咎めず」の例文

  1. 誰にでも失敗はあるだろう。だからいつまでもくよくよしていてはいけなよ。既往は咎めずというだろう。
  2. 兄は受験に失敗してしまったことを、ずっと悔やんでいるけれど、既往は咎めずというように、これから先のことを大切にして欲しいと思う。
  3. 妹は結婚の約束をしていた恋人と別れることになってしまった。しかし、既往は咎めずというように、いつまでも落ち込んではいけないと慰めた。
  4. 既往は咎めずというだろう。次の試合こそ勝てるように、みんなで練習に励もう。
  5. 彼はとても落ち込んでいたけれど、既往は咎めずと前を向いて歩き始めた。

まとめ

失敗してしまったことを、いつまでも後悔することがあるのではないでしょうか。
しかし、既往は咎めずというように、過ぎてしまったことよりも、先のことに目を向けて前に進んでいきたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事