【芸は道によって賢し】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
芸は道によって賢し

【読み方】
げいはみちによってかしこし

【意味】
物事はその道にある人が一番よくわかっている。商売は道によって賢し。


「芸は道によって賢し」の使い方

健太
どうすれば空手で強い選手になることができるのかな?
ともこ
健太くんのおじいちゃんは、空手の強豪だったんでしょう?芸は道によって賢し、おじいちゃんに聞けば確実じゃないの。
健太
ええっ。練習から学び取れって言われそうだ。
ともこ
ああ。言いそうね。

「芸は道によって賢し」の例文

  1. 数学について知りたいならば、芸は道によって賢し、ともこちゃんに聞くのが一番です。
  2. 芸は道によって賢し、茶道の宗家であるともこちゃんは、茶道の知識では右に出るものはいない。
  3. この町について知りたいんだって?芸は道によって賢し、一五年町会長をやり続けている斎藤さんなら何でも知っているよ。
  4. 餅は餅屋、芸は道によって賢し、お雑煮のお餅の形と地域の関係性を調べたいなら餅屋に聞くべきだね。
  5. 物心ついた時から空手を習っている健太くんは、は道によって賢し、歴代の強い選手の名前やトリビアまでいろんなことを知っていますよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事