【早起きは三文の徳】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
早起きは三文の徳

【読み方】
はやおきはさんもんのとく

【意味】
朝早く起きれば健康にもよく、何かしらよいことがあるという意味。早起きして仕事をすることに結びつけて使う場合が多い。「徳」は「得」と同じで利得、利益の意味。

【語源・由来】

【類義語】
・朝起き千両、夜起き百両
・朝起きは三文の徳
・朝の一時は晩の二時に当たる
・早起き三両倹約五両
・早起き三両始末五両
・早起き千両
・宵寝朝起き長者の基

【対義語】
長寝は三百の損

【英語訳】
The early bird catches the worm.
The cow that’s first up, gets the first of the dew.

「早起きは三文の徳」の使い方

ともこ
健太くん、早起きは三文の徳っていうわよ。寝坊してばかりの毎日じゃ、損しているかもしれないわよ。
健太
たしかに、寝坊すると、朝ごはんを食べられないし、寝癖は直せないし、午前中お腹がすくし、良いことがないね。
ともこ
私は、早起きをして、朝の散歩をするんだけど、近所のパン屋さんが、少しだけ形が歪んで売ることができないパンをくれたり、すごい格好いいお兄さんが犬の散歩をしていたり、良いことだらけよ。
健太
えっ。美人のお姉さんもいるかな?知り合いになれるかな?焼き立てパン食べられるかな?早起きするよ!

「早起きは三文の徳」の例文

  1. 早起きは三文の徳というが、朝早く起きて勉強してから学校に行くようになってから、夜中に勉強するより成績が上がった。
  2. 早起きは三文の徳という言葉があるけれど、朝早く起きて、パンをこねて作ることで心が落ち着くし、焼き立てパンとカフェオレで幸せな一日の始まりとなる。
  3. 早起きは三文の徳という言葉があるけれど、早起きして読んだ新聞の記事に似ている文章がテストに出て、100点を取ることができた。
  4. 早起きは三文の徳という言葉のように、今日、早起きして玄関に新聞を取りに言ったら「早起きだね。偉いね」と言って牛乳屋さんが牛乳をくれた。
  5. 早起きは三文の徳というように、早寝早起きをするようになってから、医者に行くことがなくなり治療費が浮いてる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事