【惚れられたが不祥】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
惚れられたが不祥

【読み方】
ほれられたがふしょう

【意味】
どうしても好きになれない相手に惚れられてしまうという不幸も、前世からの因縁と思ってあきらめるしかないということ。

【スポンサーリンク】

「惚れられたが不祥」の使い方

健太
ともこちゃん好きだ!大好きなんだ。
ともこ
健太くんに告白されてもうれしくないし、とても迷惑なのよ。
健太
ともこちゃんが何と言おうと好きなんだ。ともこちゃんのことを考えると夜も眠れないんだ。
ともこ
惚れられたが不祥と思ってあきらめるか・・・。

「惚れられたが不祥」の例文

  1. 一番嫌いなタイプに熱烈なアプローチをされているけれども、惚れられたが不祥、これは前世の因縁なんだろうか。
  2. 惚れられたが不祥と思って付き合ってみることにしました。
  3. 姿を見るのも嫌な人に告白されるなんて、惚れられたが不祥、前世の私が悪いのだとしても嫌だ。
  4. 惚れられたが不祥というけれども、今の私は私の人生なのに、前世に何があったか知らないけれども、そんな因果を持ち込まないでほしい。
  5. 前世で何かしら縁があった人なのだろう、惚れられたが不祥というが、嫌なものは嫌だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事