【後塵を拝する】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
後塵を拝する

【読み方】
こうじんをはいする

【意味】
人に先を越されて、おくれを取ることのたとえ。
また、人のあとにつき従うこと。

【語源・由来】
車や馬が通り過ぎたあとに、土ぼこりを浴びるということから。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
It is subordinate.

「後塵」を「黄塵」と書くのは誤りなので注意が必要。
「黄塵」とは、空が黄色く見えるほどの激しい土ぼこりのこと。

「後塵を拝する」の使い方

健太
後輩が急成長していて、レギュラー争いをすることになってしまったんだ。
ともこ
後輩の成長はうれしいけれど、大変なことになったのね。
健太
なんとしても、彼の後塵を拝することはしたくないから、一生懸命練習するよ。
ともこ
健太くんもがんばってね。

「後塵を拝する」の例文

  1. 専務の後塵を拝して、部長に昇進することが決まった。
  2. 3度も昇進試験に落ちてしまっては、同期だけではなく後輩の後塵を拝することになってしまった。
  3. 彼は一番早く出世すると期待されていたけれど、大きなミスをしたことで後塵を拝することになったようだ。
  4. 師匠の後塵を拝して、表彰されることになった。
  5. 彼とは幼い頃からずっと競ってきた。しかし彼の後塵を拝することになるなんて、思ってもみなかった。
中島敦「李陵」での用例。
「曾(かつ)ては封侯(ほうこう)をも得たその老将が今更若い李陵(りりょう)如(ごと)きの後塵を拝するのが何としても不愉快だったのである。」

まとめ

できるならば、人より先に物事を勧めたい、成功したいと思うことがあるのではないでしょうか。
しかし、順調に進んでいると思っていたことが、うまくいかなくなってしまうことがあるかもしれません。
後塵を拝するというように、人に先を越されて後れをとってしまうことがあったとしても、諦めずに努力を重ねて後れを取り戻したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事