【子を持って知る親の恩】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
子を持って知る親の恩

「親の恩は子を持って知る」ともいう。

【読み方】
こをもってしるおやのおん

【意味】
子を持って、育てる苦労をしてみると、はじめて親から受けた恩が実感できて感謝するという意味。

【語源・由来】
『明心宝鑑』より。「子を養いて方めて父母の恩を知り、身を立てて方めて人の辛苦を知る」とあるところから。

【類義語】
・親の心子知らず
・子を育てて知る親の恩
・子を持たねば親の恩を知らず
・子を持てば親心
・子を養いて方に父の慈を知る
・子を養いて方に父母の恩を知る

【対義語】

【英語訳】
One knows not what one owes to one’s parents till one comes to have children of one’s own.
He that has no child knows not what love is
Only after becoming a parent yourself do you realize how much you owe [how indebted you are] to your own parents.
It is not till we come to have children of our own that we know our debt to our parents.

「子を持って知る親の恩」の使い方

健太
もう、父さんは何もわかっちゃいないんだ。
ともこ
健太くん、朝からぷりぷりしてどうしたの?
健太
父さんが、僕の気持ちを無視して、わかったようなことをいうからいらいらするんだ。
ともこ
健太くん。子を持って知る親の恩っていうじゃない。大人になり、親になったら、お父さんがなぜそうしたのかがわかるわ。でも、その時では遅いのよ。

「子を持って知る親の恩」の例文

  1. 子を持って知る親の恩というが、二人の父となり、父の慈愛、母の情がとてもよくわかるようになった。
  2. 子を持って知る親の恩というが、その前に気づくことができる人間でありたい。
  3. 仕事ばかりの父だったが、子を持って初めてその恩を知った
  4. 細かく注意する母が苦手だったが、親になり、まさに子を持って知る親の恩とはこのことかと思う。
  5. 子を持って知る親の恩というが、私が親の愛に気づいたように、次はわが子へと愛情のリレーがつながって行くことを願う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事