【五十なれば五十の縁あり】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
五十なれば五十の縁あり

【読み方】
ごじゅうなればごじゅうのえんあり

【意味】
恋や縁談には年齢による制限はないこと。

【スポンサーリンク】

「五十なれば五十の縁あり」の使い方

健太
一番上の兄さんが、もうそろそろ40歳になるんだけど、恋人もいないし、まだまだ結婚する気配がないんだよね。
ともこ
五十なれば五十の縁ありというから、まだまだ大丈夫よ。
健太
そっかあ。兄さんにいい縁があるといいな。
ともこ
健太くんと違って魅力的だから、きっとあるわよ。

「五十なれば五十の縁あり」の例文

  1. 恋は一生、五十なれば五十の縁あり、55歳になってもまだまだ現役です。
  2. 五十なれば五十の縁ありというから、今まで縁がなかったことを嘆く必要はないです。
  3. 焦って結婚しなくても、五十なれば五十の縁あり、いずれ運命の恋といえる良縁があるでしょう。
  4. 五十なれば五十の縁ありというけれども、50歳になった自分がこんな素敵な人と出会えるとは、若いころは想像だにしませんでした。
  5. 巷では五十なれば五十の縁ありといったりもするけれども、50歳どころか70歳のおじいちゃんが再婚すると聞いて、正直驚きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事