【黒い雲が出ると雨】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
黒い雲が出ると雨

【読み方】
くろいくもがでるとあめ

【意味】
黒い雲が出ると雨が降りやすい。

【語源・由来】
黒い雲は水や氷の粒が多く含まれ、入りきらずに重くなると雨となって落ちて来ることから。

【類義語】
・櫛が通りにくいときは雨
・ツバメが低く飛ぶと雨
・雲が厚くなるのは雨

【スポンサーリンク】

「黒い雲が出ると雨」の使い方

ともこ
空が真っ黒ね。
健太
黒い雲が出ると雨というよね。もうすぐ降りそうだ。
ともこ
急いで帰らないとまずいわね。
健太
言ってるそばから雨があたりだしたぞ。

「黒い雲が出ると雨」の例文

  1. 黒い雲が出ると雨という、洗濯物を取り込もう
  2. 黒い雲が出ると雨というが、今にも降りだしそうだ。
  3. 黒い雲が出ると雨というから、タクシーを使おう。
  4. 黒い雲が出ると雨といわれるが、気温が下がり強風も吹き始めたからゲリラ豪雨か竜巻かもしれない。
  5. 黒い雲が出ると雨というから、図書館でしばらく様子を見よう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪