【真綿に針を包む】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
真綿に針を包む

【読み方】
まわたにはりをつつむ

【意味】
表向きはやさしい態度で人に接しているけれど、ほんとうは意地の悪さを隠し持っている人のこと。

【語源・由来】
ふんわりとやわらかくて、心地よさそうな真綿に隠しておいた鋭い針で、チクリと相手を指すことから。

【類義語】
・綿に針を包む(わたにはりをつつむ)
・笑中に刀あり(しょうちゅうにとうあり)
・口に蜜あり腹に剣あり(くちにみつありはらにけんあり)

【対義語】
・口に針(くちにはり)

【英語訳】
A saint abroad and a devil at home.
God in the tongue and the devil in the heart.

「真綿に針を包む」の使い方

健太
あの先生はいつもにこにこしているけれど、ちょっとこわいと思うんだ。
ともこ
そうね、やさしい顔をしているけれど、時々話し方がこわい時があるわね。
健太
それだけじゃないよ、乱暴な言葉遣いをしているのを聞いてしまったんだ。
ともこ
真綿に針を包むような人なのかもしれないわね。

「真綿に針を包む」の例文

  1. 彼女はやさしい人だと言われているが、真綿に針を包むようなものの言い方をする。
  2. 彼は人当たりがいいが、やさしそうな表情とは反対のことを考えているらしい。真綿に針を包むような人だとは思わなかった。
  3. 親切な人だと思って心を許したが、実は真綿に針を包むような人だった。
  4. 真綿に針を包むような女性を恋人にするなんて、彼のことを信じられなくなってしまった。
  5. 彼のことを親切な人だと思っていたけれど、まさか真綿に針を包むような人だったとは驚きだ。

まとめ

人は見た目によらないということが、あるのではないでしょうか。
真綿に針を包むというように、優しそうだと思った人が、実は意地が悪いときには、残念な気持ちになってしまいますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事