【負けるが勝ち】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
負けるが勝ち

【読み方】
まけるがかち

【意味】
時には、あえて争わないで相手に勝ちを譲ったほうが、結果的には自分に有利となって勝利に結びつくことがあるということ。

【語源・由来】
明確な由来はありません。江戸いろはかるたの中で紹介されています。

【類義語】
逃げるが勝ち(にげるがかち)
三十六計逃げるに如かず(さんじゅうろっけいにげるにしかず)

【英語訳】
Yielding is sometimes the best way of succeeding.

類義語の「三十六計」は中国古代の兵法で36種類のはかりごと、多くの計略(けいりゃく)をいい。四字熟語として、「三十六計」だけで、困った時はどんな方法(=計略)よりも、その状況から逃げ出すのが最も賢明(けんめい)であるという意味になります。
【スポンサーリンク】

「負けるが勝ち」の使い方

健太
どうしようかな、申し込むべきか、それとも次回にするか。
ともこ
健太君。なに悩んでるの。
健太
恒例のプロ野球招待の抽選が始まるんだけど、一度しか申し込めないんだ。
ともこ
毎年やってるね。だいたい最終回は申し込むと全員ご招待になるらしいよ。ここは負けるが勝ちね。

「負けるが勝ち」の例文

  1. 勝負に出たいところではあるが実力不足は否めないのため、負けるが勝ちとするのが賢い選択でしょう。
  2. 負けるが勝ちとはいうものの、この機会を逃すのは我が社にとって厳しい選択になる。
  3. 現在の状況を考慮すると、新たな事業に投資する機会は待つべき、負けるが勝ちです。
  4. Aさんは上手(うわて)で、負けるが勝ちと決めて無理な戦いは避け勝機(しょうき)を待っていた。

まとめ

勝負を避けるためには勇気が必要です。プロスポーツの世界では怪我(けが)をして休むかどうかは難しい判断でしょう。目先の勝負よりもプロとしての長い人生を選ぶか、休まないで早期引退にもなりかねないリスクを取るか。負けるが勝ちとは前者になりますが、ファンやチームのことを考えると決断するのは難しそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事