【目から鱗が落ちる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
目から鱗が落ちる

【読み方】
めからうろこがおちる

【意味】
あることがきっかけとなり、今まで気づかなかったことに気づいたり、物事の実態や本質を急に理解できたりすること。

【語源・由来】
鱗で目がふさがれていたような感じがしていたのに、その鱗が落ちて急によく見えるようになったことから。

「新約聖書(しんやくせいしょ)」使徒行伝(しとぎょうでん)・九より出典。
「すると、たちまち目から鱗のようなものが落ちて、サウロは再び物が見えるようになった」
と、あることに基づくとされる。

【類義語】
・目から鱗(めからうろこ)

【対義語】

【英語訳】
The scales fall from one’s eyes.

「目から鱗が取れる」は、誤りなので間違えないように注意が必要。
【スポンサーリンク】

「目から鱗が落ちる」の使い方

健太
今までいくら練習しても、バットにボールが当たらなかったんだ。
ともこ
それなのに、どうしてあんなに打てるようになったの?
健太
コーチのアドバイスを受けて、目から鱗が落ちて、コツをつかむことができたんだ。
ともこ
そんなことがあったのね。

「目から鱗が落ちる」の例文

  1. 母に一喝されたことで、目から鱗が落ちたような気持になった。
  2. この本に出会ったことで、目から鱗が落ちるような思いがした。
  3. 先生の話を聞いているうちに、目から鱗が落ちて、今までよりももっと勉強に励むようになった。
  4. 先輩に忠告されて、目から鱗が落ちた。それからは、迷いもなくなって仕事がはかどるようになった。
  5. あの話を聞いて、目から鱗が落ちるというような体験をしてから、人間関係がとても楽になったと思う。

まとめ

目から鱗が落ちるというように、わからなかったことが、わかるきっかけというものは、案外些細なことなのではないでしょうか。
一度理解できてしまうと、どうしてわからなかったのか不思議に思ってしまいますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事