【娘三人持てば身代潰す】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
娘三人持てば身代潰す

【読み方】
むすめさんにんもてばしんだいつぶす

【意味】
娘を三人も持てば、嫁入り支度に費用がかかり、財産がすっかりなくなってしまう。「身代」は全財産のことで、「身上」ともいう。


「娘三人持てば身代潰す」の使い方

ともこ
今度、お姉ちゃんがお嫁に行くのよ。
健太
へえ。娘三人持てば身代潰すというけれども、結婚式の費用は高いんでしょう?
ともこ
そうらしいわね。でも、お姉ちゃんは家族だけで静かに式を挙げたいと言っているから、そんなに高くなることはないようなのよ。しかもドレスは、お母さんが着たものを使うしね。
健太
へえ。お母さんが着たドレスをもう一度着るって親孝行だね。それは、ともこちゃんのご両親は盛大に感動して泣いてしまうだろうね。

「娘三人持てば身代潰す」の例文

  1. 娘三人持てば身代潰すというけれども、本当に、一人嫁にやっただけでも貯金がなくなってしまったよ。
  2. 娘三人持てば身代潰す、三人も嫁に出すことができるか、今から不安です。
  3. 娘三人持てば身代潰すというから、お前たちは嫁に行かずにずっとお父さんのそばにいると良い。
  4. 娘三人持てば身代潰すというけれども、うちは四人もいるから借金をしなくてはいけないなあ。
  5. 娘三人持てば身代潰すというから、二人だけで海外で挙式してはどうかな?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事