「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【苗の莠有るが若し】の意味と使い方や例文(出典・語源由来)

「苗の莠有るが若し」の意味(出典・語源由来)

意味

【ことわざ】
苗の莠有るが若し

【読み方】
なえのゆうあるがごとし

【意味】
善人の中に悪人がまざっていること。

「莠」は、はぐさ。穀物の苗に似た雑草で苗の成長を助ける。
ことわざ博士
「苗の莠有るが若しは」ということわざは、どこにでも善人もいれば悪人もいる、つまり、良い人や悪い人が混ざっていることを示しているんだよ。
助手ねこ
あぁ、それって「どこにでもいい子も悪い子もおるんやな」ってことやね。クラスにも、優しい子やわちゃくちゃな子が混ざってるみたいな。

全部同じような子ばっかりやったら、つまらんもんな。これは、人間のさまざまな性格や行動を知って、うまく付き合っていく必要があるってことを教えてくれてるんやろな。

【出典】
書経しょきょう

【語源由来】
稲の中にはぐさがまざっているようなものだという意から。

【スポンサーリンク】

「苗の莠有るが若し」の解説

カンタン!解説
解説

「苗の莠有るが若しは」という言葉はね、たとえで言うと、良い植物と悪い草が一緒に生えているような状態を指しているんだよ。

例えば、庭にいろんな植物を植えた時、良い植物だけでなく、雑草も一緒に生えてくることがあるよね。それと同じで、人々の中には良い人もいれば、ちょっと問題のある人もいるってことを言っているんだ。

「苗」は若い植物のことで、「莠」は雑草のこと。だから、この言葉は「いいものとちょっと困ったものが一緒に存在する」っていう意味なんだよ。みんながいい人ばかりじゃないってことを、植物のたとえで分かりやすく言っているんだね。

「苗の莠有るが若し」の使い方

健太
この地域は良い人ばかりで治安がいいね。
ともこ
苗の莠有るが若しというから油断しない方がいいわ。
健太
どこにでも悪人はいるか。
ともこ
天国にもいるかもね。
【スポンサーリンク】

「苗の莠有るが若し」の例文

例文
  1. 隣のクラスが良さそうに見えるのは、隣の芝生は青く見えるというやつだ。苗の莠有るが若しというから、隣は隣で問題を抱えているはずだ。
  2. 生徒は、苗の莠有るが若しで良いやつも悪いやつもいる。でも教師として平等に扱わなくてはいけないから難しい。
  3. 世の中は苗の莠有るが若し、玉石混交だからこそおもしろい。
  4. 性格が良い子ばかりだったらここまで科学は発展しなかっただろう。苗の莠有るが若し野心や意欲、負けず嫌いな人間がいたから今のように発展した。
  5. しっかり面接して選び抜いても、苗の莠有るが若し悪人はいるものだ。

【2023年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪