【伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはない】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはない

【読み方】
おばのぼたもちといぬいゆうだちのこぬことはない

【意味】
伯母は優しいので、来訪する時は必ずお土産を持ってきてくれるように、乾の方角に黒雲が起これば必ず夕立がくる。

【語源・由来】
「乾」は北西のこと。日本の天気は西から東に移り変わることから。

【類義語】
・戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無し

【スポンサーリンク】

「伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはない」の使い方

健太
北西の空が真っ黒だね。
ともこ
伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはないというから雨が降るだろうね。
健太
じゃあ、文化祭の立て看板を片付けないとね。
ともこ
せっかく乾かしているのにぐちゃぐちゃになってしまうわね。

「伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはない」の例文

  1. 伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはないと昔からいわれるから、ほぼ確実に雨が降る。
  2. 伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはないという、雨を想定しておいて損はない。
  3. 伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはないというけど、叔母の優しさは時代を越えても変わらないようだ。
  4. 伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはないといわれるが、念じて雨雲を吹き飛ばす。
  5. 伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはないという、急いで家に帰ろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪