【ウンカのもちつきは雨】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
ウンカのもちつきは雨

【読み方】
うんかのもちつきはあめ

【意味】
ウンカが集団になって上下に飛んでいるときは雨になりやすいということ。

【語源・由来】
ウンカが集団になって上下に飛んでいるときは雨になることが多いが、科学的根拠は不明。

【類義語】
・カのもちつき
・カツボのこめつき
・ウンカのもちつき雨を呼ぶ

【スポンサーリンク】

「ウンカのもちつきは雨」の使い方

健太
ウンカが集団になって飛んでいるよ。
ともこ
ウンカのもちつきは雨というから雨が降るね。
健太
やったあ。明日のマラソン大会は中止だ。
ともこ
延期になるだけだからやると思うわよ。

「ウンカのもちつきは雨」の例文

  1. ウンカのもちつきは雨と昔からいわれるので、天気は崩れるだろう。
  2. ウンカのもちつきは雨という、雨が降るつもりでいた方が良い。
  3. ウンカのもちつきは雨と言われるから、雨のシーンの撮影をしよう。
  4. ウンカのもちつきは雨という、運動会は中止だろうから授業の準備だけしていこう。
  5. ウンカのもちつきは雨というから、レインブーツが必要だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪