【蚊がうすづけば雨が降る】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
蚊がうすづけば雨が降る

【読み方】
かがうすづけばあめがふる

【意味】
蚊の群れが、臼をつくようにさかんに上下するのは雨の前兆であるということ。

【語源・由来】
蚊の群れが、臼をつくように上下すると雨が降ると言われている。科学的根拠は不明。

【類義語】
・ウンカのもちつきは雨

【スポンサーリンク】

「蚊がうすづけば雨が降る」の使い方

健太
うわっ。蚊が集団になってるよ。
ともこ
これは雨になるわね。
健太
そうなの?雨の前のジメジメも嫌なのに、蚊がたくさんいて不快だ。
ともこ
蚊がうすづけば雨が降るっていうからね。

「蚊がうすづけば雨が降る」の例文

  1. 蚊がうすづけば雨が降るという、傘は持っていってね。
  2. 蚊がうすづけば雨が降るといわれるから、買い物を早めに終わらせよう。
  3. 蚊がうすづけば雨が降るという、今日の写生大会はなくなるな。
  4. 蚊がうすづけば雨が降るというが、まだ降らなそうだ。
  5. 蚊がうすづけば雨が降るというけど、虫のセンサーはすごい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪