【ルビコン川を渡る】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
ルビコン川を渡る

【読み方】
るびこんがわをわたる

【意味】
重大な決断をすることのたとえ。

【語源・由来】
「ルビコン」とは、イタリアの川の名前。イタリア語の「Rubicone」は、現在のフィウミチーノ川になる。

古代ローマ時代に、ルビコン川を武装して渡ることは禁じられていた。しかし、ポンペイウスと対立していたカエサル(シーザー)が、ルビコン川を渡ってローマへ進撃する時に、「賽は投げられた」と言ったことから、もう戻れない覚悟のもとに、重大な決断をするということをいう。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
Cross the Rubicon.
It is carrying out a certain serious decision and action.

「ルビコン川を渡る」の使い方

健太
ともこちゃんが心配をしてくれているのはわかるけれど、こうするしかないんだ。
ともこ
健太くん、そんなことをしたら、もうこのチームには戻れなくなってしまうわ。
健太
わかっているよ。それでも、やらなくちゃいけないことなんだ。
ともこ
ルビコン川を渡る覚悟なら、もう引き止めたりしないわ。

「ルビコン川を渡る」の例文

  1. 兄の決意は固いようで、ルビコン川を渡る覚悟をしているようだ。
  2. 無茶をするなとみんなに止められているけれど、彼はルビコン川を渡る覚悟で起業するようだ。
  3. 一人で海外へ行くという、ルビコン川を渡る覚悟をした彼女のことは、誰にも止めることはできない。
  4. 父はひとりで退職を決めたようだ。ルビコン川を渡ることを決めたあとは、母の言葉にも耳を傾けることはない。
  5. ルビコン川を渡る覚悟が必要なことは、ひとりでじっくり考えたいと思う。

まとめ

ルビコン川を渡るというように、重大な決断をすることは、人生の中で何度もあることではないのではないでしょうか。
後悔のないように、しっかりと考えて決めたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事