【類を以て集まる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
類を以て集まる

【読み方】
るいをもってあつまる

【意味】
性質が似ていたり、趣味が似ていたりすると、自然に寄り集まるということ。

【語源・由来】
「上方いろはがるた」(京都)の中のひとつ。

【類義語】
・類は友を呼ぶ(るいはともをよぶ)
・同気相求む(どうきあいもとむ)
・牛は牛連れ(うしはうしづれ)
・馬は馬連れ(うまはうまづれ)
・目の寄る所へ玉が寄る(めのよるところへたまがよる)
・蓑のそばへ笠が寄る(みののそばへかさがよる)

【対義語】
・氷炭相容れず(ひょうたんあいいれず)
【英語訳】
Birds of a feather flock together.
The like,I say,sits with the jay.

「いろはがるた」とは、いろは47文字に「京」の文字を加えた48文字からなるかるたのこと。
地域により異なる。
上方(京都)の他に、江戸、大阪などがある。

「類を以て集まる」の使い方

健太
ともこちゃんも、これから友達と遊ぶのかい?
ともこ
そうよ。健太くんの友達は、ゲームとサッカーが好きな人たちばかりよね。
健太
そういうともこちゃんの友達も、みんな読書が好きだよね。
ともこ
そうね。類を以て集まるということかしらね。

「類を以て集まる」の例文

  1. 類を以て集まるというけれど、同じ趣味の仲間と毎日集まるようになった。
  2. 類を以て集まるで、あっという間に同好会を作ることになった。
  3. 類を以て集まるというけれど、集まった人たちはみんな癖が強そうだ。
  4. 類を以て集まった仲間と過ごす時間は、とても楽しくてあっという間に過ぎてしまう。
  5. ずっと一人だと思っていたけれど、類を以て集まることもあるとは思わなかった。

まとめ

類を以て集まった仲間と過ごす時間は、とても楽しいひとときなのではないでしょうか。そのような仲間と巡り合えることができると、とても幸せですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事