【秋波を送る】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
秋波を送る

【読み方】
しゅうはをおくる

【意味】
色目を使って相手の関心をひこうとする。

【語源・由来】
「秋波」とは、中国語で秋の季節の澄んだ波のこと。それが、女性の涼しげな目元のたとえとなり、さらに、男性の気を引くためにする色っぽい目つきの意味となった。この色目を使うことを「秋波を送る」と言うが、現在では性別、また個人・団体を問わず、媚を送る意味で用いられる。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
the act of casting amorous glances
He casts a sheep’s eye at her.
make eyes at a man

「秋波を送る」の使い方

健太
ともこちゃん、いつも僕に秋波を送られても困るよ。
ともこ
健太くんに送っていないわ。健太くんの隣の席の子に秋波を送っているのよ。
健太
何だ。そうなのか。彼のどこが気に入ったの?
ともこ
とてもやさしくて格好いいところかしら。

「秋波を送る」の例文

  1. 彼はお店に来るたびに、同じ常連客であるともこちゃんに秋波を送っている。
  2. 会社一の人気者が僕の部署にいるのだが、他の部署の女性たちがわざわざ用事を作っては彼に秋波を送っていく。
  3. 彼女は、彼に盛んに秋波を送ったが、彼は、バットを握り素振りを続けるばかりだった。
  4. 彼女はよく、自分の美貌にものをいわせて、ちらちら秋波を送ることがあった。
  5. 僕はいつもいかにもお嬢様というような女性に秋波を送っているのだが、いつも執事のような男に邪魔をされる。

まとめ

秋波を送るという言葉知った時は、響きは美しいのに、意味が色目を使うことだったので驚いたものである。秋の波のように澄んだ目元で、異性を惑わしながら出世していく人が現実にいたとしたら、それはこの言葉の響きのようにさぞかし美しい人なのだろうと思うと是非ともみてみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事