【高飛車に出る】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
高飛車に出る

【読み方】
たかびしゃにでる

【意味】
相手を押さえつけるような、強い態度をとる。

【語源・由来】
将棋で飛車の駒を前に出して、相手を押さえつける戦法からいう。

【スポンサーリンク】

「高飛車に出る」の使い方

健太
僕のクラスの委員長は、クラスメイトに高飛車に出るから、みんなが彼について行かないんだよね。だからバラバラなんだ。
ともこ
それは困ったわね。なんで高飛車に出るのかしら?
健太
叔父さんが校長先生だし、おじいちゃんは市長だから、大事にされ過ぎたんじゃないの?
ともこ
ああ、なるほど。きっと、相当、周りの大人からもちやほやされて育ってきたんでしょうね。

「高飛車に出る」の例文

  1. あの時は、僕も頭に来ていたから、何の用だと高飛車に出たんです。
  2. 「絶対駄目です。」と高飛車に出られて、不愉快だった。
  3. いくら市長の息子だからといって、あんなに高飛車に出られたら、みんなから反感を買うんじゃないかな。
  4. 彼は学校一の秀才なので、成績が落ちこぼれの健太くんに対して高飛車に出るところがある。
  5. 普段は憎まれ口をたたいたり、高飛車に出ることが多いともこちゃんだけれども、本当は、根はとても優しい女の子だという事を知っている。
  6. 健太くんは威丈高で高飛車に出る女性は嫌いである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事