【棚から牡丹餅】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

棚から牡丹餅

【読み方】

たなからぼたもち

【意味】

思いがけない幸運が舞い込む事。
苦労せずに、よいものを得る事。

【語源・由来】

棚から落ちてきた牡丹餅が、ちょうど開いていた口に落ちておさまった事から。

【類義語】
・開いた口へ団子
・開いた口へ牡丹餅
・鰯網で鯨捕る
・鰯網へ鯛がかかる
・鴨が葱を背負ってくる
・天然礫のまぐれ当たり
・寝ていて餅
・勿怪の幸い

【対義語】
・虎穴に入らずんば虎子を得ず
・棚から牡丹餅は落ちてこない
・棚の牡丹餅も取らねば食えぬ
・蒔かぬ種は生えぬ

【英語訳】
・He thinks that roasted larks will fall into his mouth.
・receiving a windfall
・having an unexpected piece of good luck

「棚から牡丹餅」のことを略して「棚ぼた」ということもあります。
また、「牡丹餅」は、大福やまんじゅうよりも日本人の生活や文化に密着した食べ物であったという一説もあります。そのことからか、「牡丹餅」を使ったことわざは多く存在します。
・牡丹餅で腰打つ
・牡丹餅の塩の過ぎたのと女の口の過ぎたのは取り返しがつかない
・牡丹餅は米 辛抱は金
・牡丹餅は棚から落ちてこず
【スポンサーリンク】

「棚から牡丹餅」の使い方

健太
今日のテストに向けて、昨晩どのくらい勉強した?
ともこ
大体3時間くらいかな?あなたはどれくらいやった?
健太
僕は殆どしてないや。マークシートだから運良きゃ満点取れるし。
ともこ
そんな棚から牡丹餅を期待してるだけじゃ、ダメだと思うよ。

「棚から牡丹餅」の例文

  1. 棚から牡丹餅を待ち続けるようじゃ、いつまで経っても出世できないぞ。
  2. 宝くじが高額当選した。棚から牡丹餅だ。
  3. 偶然隣に座った美女に告白されるなんて、棚から牡丹餅だ。
  4. こんな偶然が重なって僕が表彰されるなんて、棚から牡丹餅だ。
  5. 今回の試合は相手の都合で不戦勝になり、私は棚から牡丹餅に優勝した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事