【蓼食う虫も好き好き】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】

蓼食う虫も好き好き

【読み方】

たでくうむしもすきずき

【意味】

人の好みはそれぞれで、ずいぶんと違いがあるという事。 多様性に富んでいるという事。

【語源・由来】

「蓼」とは「ヤナギタデ」という水辺などに生える植物で、葉や実に苦みや辛みがあるのが特徴で、そんな植物を好んで食べる虫(蓼虫・ホタルハムシという甲虫)もいることから。
中国南宋時代の羅大経の随筆集『鶴林玉露』にある「氷蚕は寒さを知らず、火鼠は熱さを知らず、蓼虫は苦さを知らず、ウジ虫は臭さを知らず」という表記から。
日本においては「縄綯(なわない)」という江戸時代の狂言の中に、「たでくふ虫もすきずきと申すが-」とある。

【類義語】
・蓼の虫葵に移らず
・蓼の虫苦きを知らず
・人の好き好き笑う者馬鹿
・面面の楊貴妃
・割れ鍋に綴じ蓋

【英語訳】
・There is no accounting for tastes.
・Every man has his delight.
・Tastes differ.

「蓼」を「田で」「他で」と表すのは誤りなので、注意が必要です。
また、「蓼」を「だて」と読みがちですが誤りなので、注意が必要です。

「蓼食う虫も好き好き」の使い方

健太
ねえ、見てよ、このジャケット!格好いいでしょう?
ともこ
そうかなぁ。肘の所は破れてるし、色もイマイチじゃない?
健太
そんなことないよ!このダメージ感と派手な色が気に入ってるんだ!
ともこ
まさに、蓼食う虫も好き好きね。

「蓼食う虫も好き好き」の例文

  1. 容姿端麗・頭脳明才で有名な彼女が、あんな男と結婚するなんて、蓼食う虫も好き好きだ。
  2. 蓼食う虫も好き好きというから、君に彼女の趣味をつべこべ言う権利は無いよ。
  3. 蓼食う虫も好き好きというが、いくらなんでもこの物件に住む奴はいないだろう。
  4. このように豊富な色を用意しているのは、蓼食う虫も好き好きだからである。
  5. 僕はあまり好みではないが、まあ、蓼食う虫も好き好きだからね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事