【叩けよさらば開かれん】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
叩けよさらば開かれん

【読み方】
たたけよさらばひらかれん

【意味】
積極的に求め、入ろうと努力する者に神の国の門は開かれるという意味で、あらゆる行動における積極さを促すたとえに用いられる。「求めよさらば与えられん。叩けよさらば開かれん。」と続くことば。

【語源・由来】
新約聖書より。

【類義語】
・求めよさらば与えられん

【スポンサーリンク】

「叩けよさらば開かれん」の使い方

健太
いつも0点ばかりの僕も、頑張り続ければ、いつか百点を取ることができるのかな・・・?
ともこ
叩けよさらば開かれん!神様は、健太くんのがんばっている姿を見ていてくださるわ。がんばってごらんなさいよ。
健太
よーし、がんばるぞ。でもその前に、少し遊んでからにしよう。
ともこ
健太くん!そうやって、勉強を後回しにするから神様があきれてしまうのよ。

「叩けよさらば開かれん」の例文

  1. 叩けよさらば開かれんという言葉を信じて、毎日水泳の練習を続けたおかげで、県の代表選手になることができた。
  2. 叩けよさらば開かれん、身長が小さいからこの競技はあきらめなさいと言われたけれども、それに屈せず日々努力したおかげで今、オリンピックの舞台に立っている。
  3. 叩けよさらば開かれん、才能はなかったけれども、大好きで毎日弾き続けてきたバイオリンで、花開くことができた。
  4. 叩けよさらば開かれん、積極的に努力すれば、無理を可能にすることができる。
  5. 叩けよさらば開かれん、あきらめず二十年研究し続けて、やっとあの難病を治す薬を完成させることができた!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事