【遠くなれば薄くなる】の意味と使い方の例文(類義語)

【ことわざ】
遠くなれば薄くなる

【読み方】
とおくなればうすくなる

【意味】
親しかった者でも、遠く離れてしまうと親しみが薄れていくということ。

【類義語】
・去る者は日日に疎し

【スポンサーリンク】

「遠くなれば薄くなる」の使い方

ともこ
健太くんは、遠距離恋愛中の彼女とは、ちゃんと連絡を取っているの?
健太
くなれば薄くなるっていうからね、最近は、僕から全然連絡することはないし、彼女から連絡が来ることもないな。
ともこ
まだ離れて一か月なのにあっけなかったわね。
健太
距離に負けてしまったよ。

「遠くなれば薄くなる」の例文

  1. 遠くなれば薄くなるというように、愛情の深さはお互いの距離に比例します。
  2. あんなに大好きだったのに、引っ越してしまったあとでは、遠くなれば薄くなる、彼女の顔も思い出せないんです。
  3. 遠くなれば薄くなるっていうけれども、彼女の名前も忘れるなんて健太くんは薄情よね。
  4. 彼らの交際に反対だから、留学を機に距離を置くことで、遠くなれば薄くなるとなることを期待しています。
  5. 遠くなれば薄くなるというけれども、彼らは違って、遠く離れていても心は近くにあるようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事