【飛んで火に入る夏の虫】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

飛んで火に入る夏の虫

【読み方】

とんでひにいるなつのむし

【意味】

自ら危険や災難に進んで、飛び込んでいく事。自らを滅ぼすような禍の中に進んで身を投じる事。

【語源・由来】

昆虫は光に向かって飛ぶ習性を持つため、人間は誘蛾灯などの光で誘き寄せ、害虫を駆除する事がある。
灯火に向かって飛んでくる夏の虫が、そのまま焼かれて死んでしまう事から。

【類義語】
・蛾の火に赴くが如し
・愚人は夏の虫
・手を出して火傷する
・飛蛾の火に入るが如し
・我と火に入る夏の虫

【英語訳】
・Who perishes in needless danger is the devil’s martyr.
・rushing to one’s doom
・(like a) moth flying into the flame

「入る」を「はいる」と読むのは誤りなので、注意が必要です。
【スポンサーリンク】

「飛んで火に入る夏の虫」の使い方

健太
ね、次の授業は漢字テストだっけ?
ともこ
そうよ。確か50問テストだったと思うわ。
健太
じゃあさ、お互いどのくらい点数が取れるか、競わないかい?僕、今回は自信があるんだ。
ともこ
学年成績トップの私に勝負を挑むなんて、飛んで火に入る夏の虫ね。受けて立ちましょう。

「飛んで火に入る夏の虫」の例文

  1. 我々のアジトに丸腰で潜入するなんて、飛んで火に入る夏の虫だ。
  2. 飛んで火に入る夏の虫とはこのことで、素人の彼が現チャンピオンにボクシングで挑むなんて無茶だ。
  3. 君が彼のところに説得にいくなんて、飛んで火に入る夏の虫だからやめておいた方が良いよ。
ここでいう「夏の虫」とは、一説では「ヒトリガ」という蛾の仲間とされています。「ヒトリガ」は漢字では「火取蛾」「燈取蛾」「灯取蛾」「火盗蛾」「灯盗蛾」と表記します。このことわざの通り、光に向かって飛ぶ習性が、この種には特に目立ってあった為、このような名前がつけられたと言われています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事