【虎の威を借る狐】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

虎の威を借る狐

【読み方】

とらのいをかるきつね

【意味】

権威や権勢、実力を持つ者に頼って、威張る小者の事。

【語源・由来】

中国前漢時代の学者・劉向が戦国時代の言説、国策、献策、その他の逸話をまとめあげた書『戦国策』の『楚策』より。
「虎が狐を食おうとしたところ、狐は自身が天帝から百獣の王に任命されているため、食べたら天帝の意にそむくことになると伝えた。嘘だと思うならついて来い、と言われた虎は、狐の後に続くと、行き合う獣たちはみな逃げ出していく。虎は獣たちが自分を恐れていたことに気づかず、狐を見て逃げ出したのだと思い込んだ。」という記述から。

【類義語】
・笠に着る

【英語訳】
・An ass in a lion’s skin.
・person who swaggers about under borrowed authority
・small man acting arrogantly through borrowed authority
・a fox that borrows the authority of a tiger

「借る」は「借りる」の文語形で、「虎の威を借りる狐」と表すこともあります。
また「仮る」と表すこともありますが、「駆る」「刈る」「狩る」などと書くのは誤りなので、注意が必要です。

「虎の威を借る狐」の使い方

健太
今年も僕らの高校の野球部が、県の大会で優勝したね。
ともこ
凄い盛り上がりだったわね。同級生として誇らしいわ。
健太
電車に乗っていると、他の高校のやつらが、僕が◯◯高校だというだけで羨ましそうな顔をしているのが分かるよ。
ともこ
こらこら、そんな偉そうな態度を取っては、虎の威を借る狐よ。

「虎の威を借る狐」の例文

  1. キャプテンと幼なじみというだけであんなに偉そうにして、まるであいつは虎の威を借る狐だ。
  2. そこの会社に所属してるからといって、実力も無いのに威張っていては、虎の威を借る狐だよ。
  3. 虎の威を借る狐だと思われたくないので、彼との関わりがあるのは周囲には秘密にしている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事