「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【朝雷に川渡りすな】の意味と使い方や例文(類義語)

朝雷に川渡りすな

「朝雷に川渡りすな」の意味(類義語)

意味【ことわざ】
朝雷に川渡りすな

【読み方】
あさかみなりにかわわたりすな

【意味】
朝の雷は荒天の前触れなので、川を渡るような遠出をしてはいけないということ。

ことわざ博士
「朝雷に川渡りすな」ということわざは、朝の雷は荒天の前触れであり、そのような時に遠出すると危険だという意味があるんだ。

つまり、予兆を見逃さず、それに従った行動を取るべきだという教えなんだよ。

助手ねこ
あー、そういうことか。つまり、「朝に雷がなったら、遠出はせんほうがいい」ってことやな。朝から雷が鳴ると、それは大荒れの天気の前触れやから、遠出すると大変なことになる可能性があるんやな。

これは、「予兆を見逃さず、それに対して適切な行動を取るべき」ってことを教えてくれるんやな。

【類義語】
・朝雷に戸開けず
・朝雷に隣歩きすな
・朝雷には隣の歩きもできぬ

【スポンサーリンク】

「朝雷に川渡りすな」の解説

カンタン!解説
解説

「朝雷に川渡りすな」っていうことわざはね、朝に雷が鳴るとそれは荒れた天気の前兆だから、そんなときには川を渡ったり、遠出をしたりするのはよくないよ、っていう意味なんだよ。

例えばね、朝から雷がゴロゴロと鳴っていて、でもあなたは公園でピクニックを計画していたとしよう。でも、その雷の音はお天気が悪くなる前触れかもしれないよね。だから、このことわざは「そんなときには、予定を変更したり、家にいるべきだよ」とアドバイスしているんだ。

「朝雷に川渡りすな」は、悪い兆候が見えたら、無理に行動しないで、慎重になるべきだと教えてくれる言葉なんだよ。

「朝雷に川渡りすな」の使い方

健太
今朝は雷がすごいね。
ともこ
朝雷に川渡りすなというわよ。今日は出かけない方が良いかもね。
健太
隣の県に用事があるのに。出かけちゃだめなの?
ともこ
昔よりも災害に強い町になっているから大丈夫だと思うけど気を付けてね。
【スポンサーリンク】

「朝雷に川渡りすな」の例文

例文
  1. 朝雷に川渡りすなというが、本当に川が氾濫した。
  2. 昔の人は経験から天気を予想した、朝雷に川渡りすなもその一つだ。
  3. 雷鳴が轟いている。朝雷に川渡りすなというから外出は中止だ。
  4. 朝の雷は、朝雷に川渡りすなと教えられている。遠出はやめた方が良いだろう。
  5. 遠雷が聞こえる。近づいてくるようなら朝雷に川渡りすなといわれるから、外出は延期だ。