【雨降って地固まる】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】
雨降って地固まる

【読み方】
あめふってじかたまる

【意味】
争いや、揉め事などが起こった後は、以前よりもかえって理解が深まり、良い状態を保てるということ。

【語源・由来】
雨が降った日の地面は、雨の水分により緩い状態になるが、そんな地面も晴れた日になれば、土に染み込んでいた水分が太陽の日差しにより蒸発することで、雨が降る前の土の硬さよりも、ずっと固くなることから転じてきている。

【類義語】
・雨の後は上天気
・諍い果てての契り
・喧嘩の後の兄弟名乗り
・破れりゃ固まる
・怪我の功名
・災いを転じて福となす
・塞翁が馬
・明けない夜はない

【対義語】
・大山鳴動して鼠一匹
・覆水盆に返らず
・蟻の穴から堤も崩れる

【英語訳】
・After a storm comes a calm.
・The falling-out of lovers is a renewing of love.
・A broken bone is the stronger when it is well set.
・After rain comes fair weather.


「雨降って地固まる」の使い方

ともこ
昨日、クラスの子が喧嘩していたの。
健太
喧嘩は嫌だね。それでどうなったの??
ともこ
それがね、昨日あんなに喧嘩していたのに、今日学校行ったら仲良く一緒に登校していたのよ。
健太
へー、雨降って地固まるだね。喧嘩のおかげでより一層仲良くなったんだね。

「雨降って地固まる」の例文

  1. 昨日両親が大喧嘩をしていたが、翌朝には仲良くないっていた。これが雨降って地固まるということか。
  2. 入社当時は社内でも有名な仲の悪さだった先輩たちも、今では降って地固まって社内一の親友になった。
  3. これまでにも色んな喧嘩をしてきたが、雨降って地固まるというもので、おかげでより一層絆が深まった。
  4. 雨降って地固まるという言葉を信じて、腹を割って話し合いをした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事