【伊達の薄着】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
伊達の薄着

【読み方】
だてのうすぎ

【意味】
厚着をして着ぶくれてかっこうが悪くなるのが嫌で、寒くても我慢して薄着でいること。

【語源・由来】
「伊達(だて)」とは、かっこうよく思われようとして、見栄を張ること。

江戸時代に、伊達政宗の一門が華美に服を着飾ったことから由来しているとされている。

【類義語】
・伊達の素足(だてのすあし)
・伊達の素袷(だてのすあわせ)

【対義語】

【英語訳】
Pride feels no cold.

「伊達の薄着」の使い方

健太
やあ、ともこちゃん。みんなたくさん着こんで、雪だるまみたいになっているね。
ともこ
健太くん、雪が降っているのにどうして半袖を着ているの?
健太
上着なんて羽織ったら、サッカーがやりにくくなってしまうだろう。それに、すぐに暑くなるから大丈夫さ。
ともこ
とても震えているみたいだから、伊達の薄着をしていないで、早く上着を着たほうがいいと思うわ。

「伊達の薄着」の例文

  1. 彼は伊達の薄着をしていて、風邪を引いてしまったらしい。
  2. 伊達の薄着をしているのはいいが、真冬にセーター一枚で外に出るなんて熱を出してしまうよ。
  3. 兄は冬なのに伊達の薄着で出掛けて行った。体調を崩さないといいけれど、心配だ。
  4. 彼女は伊達の薄着で、一年中素足にミニスカートを履いているけれど、震えているようだ。
  5. 若い頃には、伊達の薄着で股引なんて履かなかったけれど、今はとても愛用している。
仕方なく薄着をしているという意味で使うのは、誤りなので注意が必要。
「冬になったけれど、コートが買えないから伊達の薄着をしているんだ。」と使うのは誤り。

まとめ

おしゃれを楽しんでいたり、格好悪いからと思ったりして、伊達の薄着をしてはいませんか。
着ぶくれしてしまうことよりも、体調を崩してしまうことの方がずっと心配ですね。
寒い時には、しっかりと防寒することが大切ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事