【矯めるなら若木のうち】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
矯めるなら若木のうち

【読み方】
ためるならわかぎのうち

【意味】
欠点や悪い癖を矯正しようと思ったら、若いうちのほうが柔軟性があってよいということ。

【語源・由来】
木の枝ぶりを直すには、若木のうちに直すとやわらかくてよいけれど、硬くなってしまってからでは、思い通りに直らないということから。
「矯める」とは、曲げたり伸ばしたりして形を整える、または悪い性質を直すという意味。

【類義語】
・鉄は熱いうちに打て(てつはあついうちにうて)
・老い木は曲がらぬ(おいきはまがらぬ)
・二十過ぎての子の意見と彼岸すぎての肥は聞かぬ(はたちすぎてのこのいけんとひがんすぎてのこえはきかぬ)

【対義語】

【英語訳】
Best to bend while it is a twing.
He is young enough to amend.
Thraw the wand while it is green.

「矯めるなら若木のうち」の使い方

健太
今日も先生とお母さんに、忘れ物が多すぎると叱られたよ。
ともこ
前の日に準備をするのはどうかしら?
健太
前の日に、準備をすることも忘れてしまうんだよ。
ともこ
健太くん、矯めるなら若木のうちというのだから、今から一緒にがんばりましょう。

「矯めるなら若木のうち」の例文

  1. 子供は少し厳しくしつけることが大切だと思う。矯めるなら若木のうちというだろう。
  2. 年齢を重ねると、人の意見を聞くこともむずかしくなってしまうね。矯めるなら若木のうちというから、若いうちに悪い癖は直しておきたいね。
  3. 矯めるなら若木のうちというのだから、その癖は早く直すように対策を考えよう。

まとめ

年齢を重ねると、知識や経験も豊富になるのではないでしょうか。
しかし、知識や経験が豊富になってしまったせいで、柔軟性を失ってしまうことがあるのかもしれません。
矯めるなら若木のうちというように、悪い癖や欠点は早めに直すように心掛けたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事