【玉に瑕】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
玉に瑕

【読み方】
たまにきず

【意味】
ほとんど完全で、それさえなければ満点なのにも関わらず、ほんの少しの欠点があること。

【語源・由来】
「論衡(ろんこう)」累害(るいがい)より出典。

「瑕(きず)」とは、宝玉の表面にほんの少しだけついているきずのことで、過去や欠陥という意味もあるとされる。
それさえなければ、完璧なのに、惜しくも本当に少しだけ欠点があるということ。

【類義語】
・白壁の微瑕(はくへきのびか)

【対義語】
・瑕に玉(きずにたま)

【英語訳】
A fly in the ointment.
There are spots even on the sun.
Some faults are almost perfect.

「玉の瑕」ともいう。
「まれに」という意味で使ったり、「偶に瑕」と書いたりすることは誤りなので注意が必要。
また、「瑕に玉」と反対にしてしまっては、意味も反対になってしまうので注意が必要。
【スポンサーリンク】

「玉に瑕」の使い方

健太
ともこちゃんは、勉強ができて料理もうまくて、気づかいができて、ピアノの演奏もとても上手だよね。
ともこ
あら、そんなに褒められると恥ずかしいわ。
健太
本当に素晴らしい人だと思うけど、唯一、歌だけは少し苦手なことが玉に瑕だね。
ともこ
これから、歌の練習に励むことにするわ。

「玉に瑕」の例文

  1. 彼は人当たりもよくて、仕事もとてもできるけれど、酒癖が悪いことが玉に瑕だね。
  2. 彼女は美人で成績も優秀だと聞くけれど、言葉遣いが乱暴なことが玉に瑕で、それさえなければ素敵な女性なのにね。
  3. 友人は仕事で優秀な成績を収めていて、整った目鼻立ちをしているけれど、次々に恋人が変わることが玉に瑕だよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事