【燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

【読み方】

えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや

【意味】

取るに足りない小人物(しょうじんぶつ)には、大人物(だいじんぶつ)の考えや大きな志などが分からない事。

「燕雀」とはツバメやスズメなどの小さな鳥のことで、転じて小人物を指し、「鴻鵠」とは大鳥や白鳥など大きな鳥のことで、転じて大人物を指す比喩表現です。
「安んぞ」は、疑問・反語を表すのに用いられる漢文訓読語で、下に推量を伴って「どうして」「なんで」という意味があります。

【語源・由来】

中国前漢の武帝の時代の歴史家・司馬遷が著した歴史書『史記』にて、中国の、後に楚王となる陳渉が若い頃に農耕に雇われていたときに、その大志を嘲笑した雇い主に向かって「磋呼、燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」と言ったとされる記述から。

【類義語】
・燕雀何ぞ大鵬の志を知らんや
・鶯鳩大鵬を笑う
・鴻鵠の志
・升を以て石を量る
・猫は虎の心を知らず

【英語訳】
・Ask not the sparrow how the eagle soars.

【スポンサーリンク】

「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の使い方

健太
僕は、将来総理大臣になるんだ。
ともこ
それは素敵な夢ね。子供の頃から憧れていた職業なのかしら?
健太
そうなんだよ。燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんやで「お前には無理だ」と言ってきた奴を見返してやりたいんだ。
ともこ
その熱い気持ちがあればきっと叶うわよ。私は応援しているわ。

「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の例文

  1. 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや、頭の固い奴らに僕の一大プロジェクトが理解できる訳無いだろう。
  2. わたしのような小さな人間には、総理大臣の大志などわかるはずはない。燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんやだ。
  3. 君の様な未熟者に、先生の考えている世界は分からないだろう。燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんやといったものである。
  4. 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんやと誰かに言える程、君だって大それた人間ではないではないか。
  5. 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんやといったところで、この村を改革をするのに、村人の理解を得るのは苦労するよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事