【二の足を踏む】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
二の足を踏む

二の舞を演じる」と間違えやすいので注意。

【読み方】
にのあしをふむ

【意味】
ためらう。しりごみする。


「二の足を踏む」の使い方

ともこ
健太くん、二の足を踏んでいないでクッキーを食べてごらんなさいよ。
健太
うーん、なんだか、今日のクッキー焦げてない?大丈夫なのかな?
ともこ
大丈夫。私も食べてみたけどおいしかったから。見た目にだまされないで。
健太
本当かな。もぐもぐ。ああ、確かに見た目よりおいしい。見た目で二の足を踏んだら損をするね。

「二の足を踏む」の例文

  1. こちらから電話をしていいものかどうかわからなくて、二の足を踏んだ
  2. こうまで言われたら、二の足を踏まざるをえない。
  3. この店構えでは、いくらおいしいといううわさでも、店に入ろうとする客は、二の足を踏む
  4. 新作のお菓子をお店で見かけると気になるが 好みから外れると嫌なので、ニの足を踏む
  5. 前から欲しかったのですが、少々派手なので、二の足を踏んでいました。
  6. それが、私が二の足を踏んでいた理由の一つだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事