【奇貨居くべし】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
奇貨居くべし

【読み方】
きかおくべし

【意味】
到来した絶好の機会は、逃さずに利用しなくてはならないというたとえ。
「奇貨」とは、珍しいものという意味。
珍しいものは、買っておいて、値上がりする時期を待つべきだということ。

【語源・由来】
「史記(しき)」呂不韋(りょふい)
秦の商人だった呂不韋は、趙(ちょう)の国の人質となって冷遇されていた秦の王子子楚(しそ)を見て、「奇貨居くべし」と思って資金の援助を惜しまなかった。
後に子楚が荘襄王(そうじょうおう)に即位すると、呂不韋は宰相に取り立てられて、文信侯に封ぜられたという故事に基づく。

【類義語】
・好機逸すべからず

【英語訳】
Strike while the iron is hot.
Make hay while the sun shines.

【スポンサーリンク】

「奇貨居くべし」の使い方

健太
新しいサッカーのチームを作るために、準備を進めているんだ。
ともこ
人数は集まったの?
健太
もちろん。それに今までのチームが解散すると聞いたから、今が絶好のチャンスだと思うんだ。
ともこ
奇貨居くべしね。

「奇貨居くべし」の例文

  1. 父は、奇貨居くべしという気になって、新しく株を買っておいたと話していた。
  2. 新しく店舗を増やすなら、今がチャンスだと思う。奇貨居くべしだ。
  3. 彼は長年準備を進めてきたようだが、事業を始めるには今だ。奇貨居くべしだと行動を始めた。
  4. 奇貨居くべしというように、好機は逃してはいけない。しっかりと時期を見極めよう。
  5. 彼が仕入れたものはいつも売り切れる。奇貨居くべしということを徹底しているようだ。

まとめ

タイミングを逃して失敗してしまったことが、あるのではないでしょうか。
奇貨居くべしというように、チャンスは逃さずに利用したいですね。
その為には、いつでも行動できるように、しっかりと準備をしておきたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事