【芸術は長く人生は短し】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
芸術は長く人生は短し

【読み方】
げいじゅつはながくじんせいはみじかし

【意味】
人の一生というものはとても短いけれど、すぐれた芸術作品は永遠に残るということ。
また、芸術の完成には長い年月が必要だけれど、そのためには人生はあまりにも短すぎるというたとえ。

【語源・由来】
古代ギリシャの医師ヒポクラテスが「医術を修めるには長い年月がかかるが、人の一生は短い」と言ったことに基づく。

【類義語】
・少年老い易く学成り難し(しょうねんおいやすくがくなりがたし)

【英語訳】
Art is long,life is short.

【スポンサーリンク】

「芸術は長く人生は短し」の使い方

健太
ぼくはこれから、絵を描こうと思っているんだ。
ともこ
あら、急にどうしたの?
健太
芸術は長く人生は短しというから、永遠に残るような作品を作りたいんだ。
ともこ
完成させるためには、長い年月がかかるともいうものね。

「芸術は長く人生は短し」の例文

  1. とても素晴らしいと有名なこの作品も、完成するまでにはたくさんの苦労があったみたいだよ。芸術は長く人生は短しということだね。
  2. 芸術は長く人生は短しというように、まずは作品を仕上げることに専念しようと思う。
  3. 芸術の道を志したからには、傑作といえる作品を残したい。芸術は長く人生は短しというようにね。
  4. 芸術は長く人生は短しなのだから、もっと芸道に精進しなさいと指導された。
  5. 残りの人生をかけてこの作品を作り上げたという。芸術は長く人生は短しということか。

まとめ

芸術作品を完成させるためには、とても長い時間が必要なのではないでしょうか。
しかし、芸術は長く人生は短しというように、作品を完成させるためには、人生という時間は短いものなのかもしれませんね。
永遠に残るような作品を作ることができるということは、むずかしくもあり、素晴らしいことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事