【転ばぬ先の杖】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
転ばぬ先の杖

「転ばぬ先の杖柱」「倒れぬ先の杖」「こけぬ先に杖」ともいう。

【読み方】
ころばぬさきのつえ

【意味】
つまずいて転ばぬように、前もって杖を突いて歩くということから、あらかじめ失敗を防ぐための準備をしたり、用心したりしておくべきだというたとえ。

【語源・由来】
転んでから杖を用意しても何の意味もない。転ぶ前に転ばないように用心をして杖を持つべきだということ。

【類義語】
・石橋を叩いて渡る
・遠慮なければ近憂あり
・後悔先に立たず
・事を事とすればすなわちそれ備えあり
・備えあれば憂いなし
・遠き慮りなければ必ず近き憂えあり
・跳ぶ前に見よ
・濡れぬ先の傘
・念には念を入れよ
・降らぬ先の傘
・良いうちから養生
・用心に怪我なし
・用心には網を張れ
・用心は前にあり
・予防は治療に勝る

【対義語】
・渇して井を穿つ
・泥棒を捕らえて縄を綯う
・盗人を見て縄を綯う

【英語訳】
Prevention is better than cure.
Forewarned is forearmed.
Look before you leap.
Prevention Is Better Than Cure

【スポンサーリンク】

「転ばぬ先の杖」の使い方

健太
こんなに暑いのに、避難訓練で運動場に出て、校長先生の長いお話を聞かないといけないなんて嫌だな。
ともこ
健太くん、校長先生の長いお話が嫌なのはよくわかるけど、避難訓練は大事よ。
健太
さすがの僕も避難訓練は、転ばぬ先の杖っていう言葉があるように大切だっていうことはわかるよ。でもね、あの話の長さは無いよね。
ともこ
校長先生の長いお話も、長い人生のどこかで転ばぬ先の杖のように役に立つかもしれないわよ。

「転ばぬ先の杖」の例文

  1. 転ばぬ先の杖と先人も言っていることだから、不安材料は摘み取っておくことにした。
  2. この部屋には、小さくて高価なものがたくさんあるから、転ばぬ先の杖で壊さないためにも掃除の前に片づけておこう。
  3. 天気予報は曇りだったけれども、空気から雨のにおいがしたので転ばぬ先の杖で傘を持っていったら、やはり降った。
  4. 転ばぬ先の杖で前もって準備して置いたら、準備が早すぎて、逆に忘れたので慎重すぎるのも考えものだなと思った。
  5. 何事も最初は、転ばぬ先の杖で慎重が肝心だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事